【子育て】マルタで妊娠

Pregnancy【マルタで妊娠が分かったら.. ?】
特に第一子の場合は、妊娠におけるすべての事が初めての経験のため、不安がたくさんあるかと思います。併せて、海外での出産となると、文化や言葉の違いもあるため不安は倍増。。
少しでもこの記事が役に立てたらと思います。

マルタでの「妊娠~出産まで」をまとめました。

妊婦健診

妊娠の可能性があると思ったら

妊娠検査薬を薬局にて購入し、まずは自分で検査をしてみます。
検査薬は、1つ10ユーロしない程度で売っています。
陽性反応が出たら、直接プライベートの病院に行くか、もしくは薬局に行きます。基本的にマルタの薬局には、決まった時間にドクターがいるので、ドクターに紹介状を書いてもらいます。

私は、薬局のドクターに診てもらいました。その場で、健診をしてくれるものだと思って少し緊張していったのですが、検査薬にて陽性だった旨を伝えるとCongratulations!! の言葉と共に紹介状を書いてくれ、その日はすぐに終了。
マタデー(という名前の公立病院)へ行くといいが、希望であれば私立の病院もあるよと近くの病院も教えてくれました。お会計も€10程度です。

 

マルタの病院システム

マルタには、公立(パブリック)と私立(プライベート)の2種類の病院があり、マルタに税金を納めていれば公立の病院は無料です。そのため、公立病院であれば妊婦健診から出産までも無料になります。
マルタで1番大きい公立の病院がマタデー(Mater Dei Hospital)で、私立病院での出産を希望でなければ、皆ここで出産をすることになります。

マタデーで出産を希望する場合でも、出産までの健診をプライベート病院で受ける事は可能です。もちろん有料ですが、家の近くなどの条件で病院を選べるし融通が利くので、妊婦健診はプライベートに行く方が多いと思います。また、パブリックでの健診の場合には、エコーを撮らずに触診で赤ちゃんのサイズを測るそうです。健診で通う病院は、自分にあった病院やドクターを選ぶことをお勧めします。

マルタの病院では、産婦人科に限らず先生毎に予約をするので、一度担当医が決まったら最後までその先生に診てもらう事になります。
私は、最後まで同じ先生に診てもらいましたが、納得しない場合には途中で担当医や病院を変える人もいます。正直マルタでの評判などは良く分からないので、自分の目を信じて自分に合った先生を見つける事が大事だと思います。

 

マタデー(Mater Dei Hospital)

紹介状を持ってマタデーへ行き、登録などの手続きを済ませます。
税金を納めている証明をするために、Billing sectionにてペイスリップを提出します。(マタデーに行く際には、常に最新のペイスリップを持参しておきましょう。)

登録が終わり必要な書類を提出すると、最初の健診日を郵便にて送ると言われます。そのため、マタデーにて健診を希望の場合には、希望の日にちを選べません。
実際に1週間程で手紙が届きましたが、私の場合、最初の健診日は妊娠12週目*になる頃でした。
(*その時の状況や妊娠の状態によってもアポイントメントの日にちは異なります。)

12週目よりも先に病院にて検査がしたい場合には、プライベートの病院で検査をすることになります。


プライベート病院での健診

私が通っていた病院について書きます。
料金や診察内容は病院によって異なりますが、よろしければ参考にしてください。

健診内容着いたら受付で予約の時間と担当医を伝え、呼ばれたらまず助産師さんに診てもらいます。そこで体重測定と血圧検査、尿検査を毎回行います。

◇尿検査→各自、薬局で検査カップを購入し、朝イチの尿を採って持っていきます。そのため、夕方の診察のときには、朝とった尿をずっと家に置いておかなくてはいけません。。
◇体重測定→ 靴を履いたまま&(冬であっても)ジャケットを着たまま体重計に乗る”ため、当たり前ですが、その日着ている服によって体重が変わるので正確な数値は量れません。マルタでは、体重はそこまで重視されていないようです。

私は不安だったので、途中で体重計を買い自分で記録するようにしましたが、マルタに来てから一度も体重を量った事がなかったので、正直妊娠前の体重が分かりません。マルタで出産を計画している方は、最初からご自身で体重の記録をつけることをお勧めします。

助産師さんに診てもらった後は、ドクターの診察です。ここでは、何か気になることはないか等の話をした後に、エコーと心音の確認をし、赤ちゃんのサイズを計り、最後にエコー写真をもらいます。(最初から出産直前まで、エコーのみの健診でしたが、内診をするドクターもいるようです。)
大体いつも15~20分程の診察で、最後にお会計。私が行っていたクリニックはそんなに大きい所ではなかったので、ほとんど待ち時間はありませんでした。


健診料毎回55ユーロでしたが、診察料は病院によって異なります。
プライベートの病院での健診は、おそらく1回の診察で50~100ユーロ程度ではないかと思います。

健診の頻度:30週までは月に1回、それ以降は2週間に1回の健診でしたが、これも病院や妊娠の状態によっては35週目以降は1週間に1回になるなど様々なようです。

 

 

出産までのスケジュール

妊娠が分かってから出産までの、マルタでの大まかなスケジュールです。
*病院によって、また妊娠状況によって多少異なるかと思います。

1~6週 妊娠が分かる時期

6~11週 プライベートでの健診に行く場合

*日本では、検査薬で陽性反応が出たら、6~8週目には病院に行くこと。また、子宮外妊娠などの可能性もあるので、遅くても10週目までには妊婦健診を受けるようにと書いてありましたが、ヨーロッパでは問題がなければ最初の健診は12週目辺りに行うようです。

いつ病院に行くかは自由だと思いますが、私はマタデーでの予約日まで待てなかったので、プライベートの病院で最初の健診をしてもらい、そこで出会ったドクターが良かったのでそのまま出産までプライベートの病院に通いました。

10週目~可能 IONA Test 希望者のみ
血液検査により、ダウン症候群やその他の染色体異常を検出する検査

12週頃 マタデーでの初めての検診

11~14週 Nuchal scan(First trimester) €120 希望者のみ
エコー検査により、ダウン症候群やその他の染色体異常を検出する検査

14週目頃 マタデーにて血液検査

19~23週 Anomaly scan(Second trimester) €120
マタデーでは無料で受けられます。

26~30週 4D Ultrasound(Third trimester) €145 希望者のみ

30週目以降 ペアレンツクラフトが始まる

35~37週目 Streptococcus(GBS) High vaginal swab to check for Group B
B群溶連菌の検査/GBSスクリーニング法

*妊婦健診は30週目までは基本的に1ヶ月に1回。
30週目以降は2週間に1回、病院によっては毎週健診があります。
*検査料金は、参考までに記載しましたが、病院によって異なります。

 

妊娠中の検査について

【妊娠初期】Nuchal scan/Special Interest Obstetric and Gynaecology Ultrasound

この検査では、5つのマーカーをチェックし、ダウン症候群やその他の染色体異常を検出します。普段の健診とは違う超音波の検査により行い、針を刺したり体を傷つけたりはしません。
首の後ろの厚みなど色々な場所のサイズを測り、それぞれの項目に異常がある可能性がどれくらいかを確認します。また、スキャン中に胎児に奇形などがないかもチェックされます。
この検査による結果は85%正確だと言われます。もっと精度のよい検査をしたい場合には、血液検査(次項のIONA Test)を行う事により、99%の結果が得られます。
マルタでは、宗教上の理由から堕胎は出来ません。そのため、検査の結果により子供を諦めることは想定していません。

IONA Test

Non-invasive prenatal testing(NIPT)として知られるテスト。
血液検査により赤ちゃんのDNAを検出し、ダウン症候群やその他の染色体異常の影響を受けるリスクを99%の精度で計算できます。妊娠10週目以降から検査可能なので、最初からこの検査をする方もいますが、ドクターからは、Nuchal scanの結果次第で血液検査に移る事を勧められます。

 

【妊娠中期】 Anomaly scan

エコーによって赤ちゃんと子宮に異常がないかの検査をします。
スキャンの主な目的は、胎盤の場所の確認と、赤ちゃんが正常に発育しているかを調べる事ですが、まだ性別が分かっていない場合には、この時にほぼ確定するようです。

出産時まで性別は知りたくないという人もいるようなので、必ず性別を知りたいか聞かれます。

*これは、ダウン症候群やその他の染色体異常を調べる検査ではないので注意してください。

【妊娠後期】Streptococcus(GBS)

GBSは、「B群溶血性レンサ球菌という細菌」のことだそうです。
元気な人には病気を起こすことはまずない病原性の弱い細菌で、私たちの体のどこにでもいる常在菌。弱い菌なので普通に健康な大人なら、症状はなく、妊婦であっても病気にはなりません。
そのため、妊娠中の検査でGBSが陽性とわかっても、妊婦自身には問題はなく、妊娠中におなかの赤ちゃんに感染する心配はないそうです。

しかし、経腟分娩で母体から赤ちゃんに産道感染すると、新生児GBS感染症という重大な病気を起こす心配があるため、陽性だった場合には赤ちゃんへの産道感染を防ぐのが目的で検査をします。

検査用の綿棒を渡され、腟の入り口付近を綿棒でこすり、検体を提出します。結果は1週間~10日後位に郵便で届きました。

4D Ultrasound

4Dで赤ちゃんの顔の特徴を見ることができ、この時に撮影される動画や写真をもらうことが出来ます。
また、心臓や脊椎などの内部器官が適切な発達をしているかなどを併せて確認します。
*これは、ダウン症候群やその他の染色体異常を調べる検査ではないので注意してください。

 

 

妊娠期間中に関する情報

日本とヨーロッパ/妊娠月カウントの仕方の違い

日本では「十月十日(とつきとおか)」と言われているように、妊娠期間は約10カ月間でカウントされます。しかし、ヨーロッパでは、出産まで9ヶ月間と言われます。
最終月経の第1日目を「妊娠0日」とするため、妊娠週数の数え方は同じなのですが、面白いことに月の数え方が違うため、9ヶ月での出産となります。ただ、病院や友達などと話をする時には「How many weeks?」と、基本的には「妊娠何週目?」との表現しかしないので、あまり何ヵ月目かを気にする事はないです。
下記がヨーロッパでの数えかたです。

Trimester chart
「Pregnancy」というアプリから表を貼っています。
このアプリは週ごとの赤ちゃんの大きさや、お母さん/赤ちゃんの様子、また体重の記録やカレンダー機能もあるのでお勧めです。妊娠初期にいくつかアプリをダウンロードしましたが、このアプリが一番シンプルで使いやすかったです。
よかったら使ってみてください。

 

寿司はダメ

マルタでは、妊婦健診の度に「寿司や刺身などの生魚は食べたらダメだからね!」と何度も言われました。日本人だからか、ごめんねーとか、残念だけど産むまで我慢してねーとしつこい位に言われました。担当してくれたミッドワイフには、生魚だけでなくシーフード全般がダメと言われました。他にも、気を付けた方がいい食べ物などの指導を受けます。

生魚に関しては、それぞれ考え方があるようですが、私は寿司も刺身も食べていました。水銀が多く含まれるとされるマグロなど、気を付けた方がいい魚は避けましたが、基本的にはストレスにならないように食べるのがいいのかなと思います。私の周りの外国の方は皆、寿司が大好きだけど、怖いからと一切口にしない人がほとんどでした。

 

サプリメント

薬局に行くと妊婦さん用のサプリメントがいくつか売っています。日本の様に種類はありませんが、妊娠中に必要な成分が入った総合サプリメントのようなもがあります。

私が飲んでいたのは、こんなサプリメントです。
写真にはありませんが、妊娠初期には葉酸だけのサプリメントを採っていました。

Supplements1  Supplements2

左は€6.79、右は€6.39で、どちらも1か月分です。
左は、妊娠を希望している方、妊娠中、そして、母乳で育児をする場合には産後にも飲めるサプリメントになっています。オメガなどもう少し色々な成分が入って値段の高いものも売っています。

VitaminB1,B2,B6,B12,C,D,E ビタミン
Niacin ナイアシン
Folic Acid 葉酸
Biotin ビオチン
Pantothenic Acid パントテン酸
Calcium カルシウム
Phosphorous リン
Magnesium マグネシウム
Iron 鉄
Zinc 亜鉛
Copper 銅
Manganese マンガン

上記のようなものが入っています。薬局には必ず薬剤師さんがいるので、購入の際に相談するといいと思います。

 

妊娠線予防クリーム/オイル

Maternity oil

妊娠線予防クリーム/オイルは薬局で買えますが、あまり種類がありません。
(少し大きいスーパーにも置いてます)
使ってみて合わない場合や希望のオイルがある場合などは、日本で買ってきたり、インターネットで注文するのがいいかと思います。

Maternity oil 1  Maternity oil 2  Maternity oil 3
(左:€10.75 / 中央:€10.75 / 右:€16)

私は、マルタで買ったオイルを使っていましたが、自分に合っていたのか妊娠線は出来ませんでした。マルタで買ったといっても、裏面を見るとmade in France や USA と書いてあります。

妊娠線は出来れば残したくないと思う場合には、たっぷりと塗ってケアしましょう!

 

ペアレンツクラフト(Parent Craft)

ペアレンツクラフトとは、日本でいう「親子学級」のようなものです。
マルタ語と英語でのクラスがあり、時間帯などの希望を出します。
申し込みをすると、30週を過ぎたあたりで、マタデーからペアレンツクラフトのスケジュールが郵便で届きます。全部で6回あり、毎週同じ曜日の同じ時間から2時間程のクラスになります。

Parent Craft Services

出席は任意で毎回テーマが決まっているので、自分が受けたいクラスだけ参加している人もいます。
3ー4回目あたりで、病院の見学ツアーみたいな事をしてくれるので、その回だけでも参加する事をお勧めします。分娩室や各部屋を実際に見て周り、病院施設の紹介などをしてくれます。
夫婦またはカップルで参加している人がほとんどで、1クラス15人前後です。他に、大学の実習生などが勉強のために参加しています。

担当する助産師さんによっても異なるようですが、私はクラスが楽しかったので毎回参加しました。出産に関わる英単語や医療英語、知らない事も多いので勉強になります。また、クラスに参加している他の妊婦さんも同じくらいの出産予定日の方達なので、悩みも共有できるし仲良くなれます。



マタニティー服/ベビー/キッズ用品店

マルタには、いくつかベビー用品店がありますが、日本のように品揃えが豊富ではありません。そこにマタニティー服も売ってはいますが、種類も少なく可愛い服もないし、結構良い値段します。そのため、帰国した際に日本で買ってきたり、ネットで購入している人が多いと思います。

私はマタニティー服は買わずに普通の店で少しサイズの大きい服やワンピースを買ったりしていました。
マルタでの購入はあまり期待せず、ネットなどをおすすめします。


子供服を売っている店は探せば結構あります。
ZaraやNextなどにもベビー/子供服はあるので覗いてみてください。

【Sliemaにあるベビー/キッズ用品店】
Mothercare 
Okaidi Sliema
Matalan
MookieMerino
Missey & Bo
Monsoon

【Vallettaにあるベビー/キッズ用品店】
Mothercare Malta
Tommy Hilfiger
M&Co – Valletta
Matalan


ベビーカーなどを売っているベビー用品の専門店は中心地から少し遠い所が多いですが、ネット注文も出来る店がほとんどです。
無料で配達してくれる所もあるので、ベビーカーやベビーベッドなどの大きいものは郵送にしてもらったり、マルタで手に入らないものは、ネットショッピングを上手く使うといいと思います。

【ベビー用品の専門店】
HomeTrends Baby & Kids
Babysky
Bimbi Baby Shop
Mum n Me
Little Stars
KIABI
Mothercare
Debbie’s Baby Centre
t’Angelina Baby Superstore


逆子

37週目を過ぎても逆子の場合には、帝王切開になる可能性が高いと言われます。最後の最後まで様子を見て直れば自然分娩となりますが、帝王切開の場合でもマタデーでは無料で出産となります。そのため、手術予定日のギリギリまで、赤ちゃんの位置を確認するそうです。

 

産休

マルタでは18週間の産休があります。その産休に、働いている会社での有給をプラスして休みをとっている人がほとんどです。国からもらえる産休が少ないため、ヨーロッパでは予定日ギリギリまで働いて産後に休みを使う人が多いです。

実際私も、出産の1週間前まで仕事をしていました。
体調と相談して、無理のない程度に妊婦生活を楽しみましょう!

 

妊娠中に必要な連絡先

妊娠中にサポートをしてくれる所もあるので、こんなのもあると覚えておくといいと思います。

  • Antenatal Clinic:2545 04440 / 7419 / 7420 出産前クリニック
  • Antenatal Booking Room:2545 7407 / 4544
  • Ultrasound Appointments:2545 7417 / 7418 超音波検査の予約
  • Tabacco Quitline Freephone:8007 3333 タバコを止めたい人に
  • Perinatal Mental Health Clinic:2545 7410 出産前後に通える精神科クリニック
  • Practice Mental Health Midwife:2545 7410 / 7970 1767 

  • Central Delivery Suite:2545 5176 / 5170
    陣痛の間隔が狭くなってきた/破水したら病院へ電話をし、そこで指示を受けます。
  • Accident & Emergency (Ambulance Call) 112

 

妊娠中に使う英語

First trimester :妊娠初期
Second trimester :妊娠中期
Third trimester :妊娠後期

Morning sickness:つわり
Nausea:吐き気
Dizzy:めまい
Ectopic pregnancy:子宮外妊娠 
Miscarriage:流産
Urine test:尿検査
Ultrasound:超音波
Examination:検査
Uterus:子宮
Due date:予定日
Midwife:助産師
Breastfeeding:母乳育児
Bottle feeding:ミルクで育てる
Formula:粉ミルク

Maternity leave:産休
Annual leave:有給

【ベビー用品】
Push chair:ベビーカー
Car seat:チャイルドシート
Baby cod:ベビーベッド
Nuppy:オムツ
Dummy, Teething, Soother:おしゃぶり
Bib:よだれかけ
Bottle:哺乳瓶


Comments

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました