観光情報

マルタ島・ゴゾ島・コミノ島の3つの島からなるマルタ共和国は約7000年間の歴史を持ち、小さいながらも魅力のいっぱい詰まった国です。戦争を通して様々な文化が入れ替わりマルタの地に入り、そのなかでマルタ独特の美しい文化が完成しました。
そして、今では観光国家として素晴らしい地位を築いています。
それぞれの島ごとに違った雰囲気・楽しみ方があるので、時間がある限りマルタの素晴らしさを見つけに行ってみて下さい!

​1,マルタ島を楽しむ

スポンサーリンク

マルタの世界遺産

マルタ共和国の中で1番大きい島、マルタ島。たくさんの歴史・文化と壮大な景色・海とが入り混じった島。そんなマルタ島には3つの世界遺産があります。

1,バレッタ(マルタの首都)

2,ハル・サフリエニ地下墳墓(世界で唯一の先史時代の地下墳墓)

3,マルタの巨石神殿群(人類最古の石造建築物)
マルタ島内・ゴゾ島内で20世紀までに約30の巨石神殿が確認されていますが、そのうちの6神殿が世界遺産として登録されています。

マルタ島:ターシエン神殿・ハジャーイム神殿・イムナイドラ神殿・スコルバ神殿・タハージュラ神殿
ゴゾ島:紀元前ジィガンティーヤ神殿

マルタの世界遺産のうち、巨石神殿群のジィガンティーヤ神殿以外はマルタ島にあります。
ぜひ全制覇してみて下さい!

​主な観光名所

マルタ島のみどころを北部・南部に分けてご紹介していきます。

【マルタ島 北部~中部】

Malta North

♦チェルケウア(Cirkewwa) 
マルタ島の最北部でゴゾ島やコミノ島へ向かうフェリーが出ています。
Mellieha BayやParadise Bay Beachなどマルタには珍しい”砂浜の”キレイなビーチもあります。

・ポパイ村(Popeye Village)
ロビン・ウィリアムス主演「ポパイ」の実写版映画が撮影された場所。
撮影後には取り壊す予定でしたが、アトラクションとして残すことになりました。
夏と冬で営業時間も料金もだいぶ違います。夏は目の前の海で泳ぐことも出来るし、チケットに含まれている内容も豊富なので少し高め。

​[2018/6/1~30・9/1~10/27]:大人€ 15 / 子供 (3~12歳) €12 
[7/1~8/31]:大人€ 17 / 子供 (3~12歳) €13.50 
[冬の料金]:大人 € 10.50 / 子供 (3~12歳) €8.50 

↓詳しくはHPで確認して下さい
https://popeyemalta.com/


・聖アガサの塔(Red Tower)
見張り塔として建てられたユニークな色の塔。
ゴゾ島とコミノ島が一望できる地元の人おすすめの絶景ポイントです。

・メリッハサンクチュアリ(Sanctuary of Our Lady of Mellieha )
メリッハの丘の上に建つ、赤いドーム型の屋根の教会。
Mellieha Bay・ゴゾ島・コミノ島の素晴らしい景色が見渡せます。

・タハージュラ神殿(Ta’ Hagrat Temple)
近くにスコルバ神殿(Skorba Temples)、Second World War Shelter、World War Air-Raid Batteryなどもあり、この周辺は特に歴史の詰まったエリアです。

​♦古都イムディーナ(Mdina)
Vallettaが築かれる前までマルタの首都として繁栄した街。
今はみなが中心地に移動したため、Silent Cityと呼ばれています。Cathedral やChurch、Palazzo Falson Historic House MuseumなどMuseumもいくつかあるので時間のある方は是非訪れてみて下さい。


♦ラバト(Rabat)

・聖パウロ教会&洞窟(St. Paul’s Church&Grotto)
​船が難破したことによりマルタにたどり着いた聖パウロが身を隠してキリスト教を広めたとされる洞窟。
その上に教会が建っています。

・ヴィグナコート博物館&カタコンベ(Wignacourt Museum&Catacomb)
この博物館は、(上記)聖パウロの洞窟と地下でつながっています。


・聖パウロの地下墓地(St. Paul’s Catacombs)


・聖アガサの洞窟と地下墓地(St.Agatha’s Crypt&Catacombs)
聖アガサが迫害を逃れて身を隠していた洞窟です。


♦モスタ(Mosta) 

・モスタドーム(Rotunda of Mosta)
ヨーロッパで3番目に大きなドームも持つ教会。
ドイツ軍機が放った1弾が教会を直撃したが、500kgもの爆弾はそのまま屋根を突き抜け爆発しませんでした。その時ミサに集まっていた300人を超える人たちは助かったため「奇跡の教会」と言われています。落ちてきた爆弾のレプリカも飾られています。

マルタ航空博物館(Malta aviation museum)
 
https://www.maltaaviationmuseum.com/


北部のビーチ

​マルタ島北部には、砂浜のビーチが沢山あるのでお子様にも安心です。

・Mellieha Bay( Ghadira Bayとも言われる ):砂浜
マルタで一番広く一番キレイとされる砂のビーチ

・Paradise Bay Beach :砂浜
よくビーチパーティーなども開催される人気の砂ビーチ

・Golden Bay :砂浜
シュノーケリングやBBQでも人気のビーチ。
駐車場も近いし,バス停からもわずか5分でアクセスのしやすいビーチです。

・Anchor Bay Beach :岩場
​地図には書きませんでしたが,ポパイヴィレッジがある所のビーチです

レジャースポット

・Malta National Aquarium 
10:00~18:00
大人:€13.9  子供:€7
http://www.aquarium.com.mt/


・Bird Park Malta
月~金:10:00~15:00
土・日:10:00~17:00
料金:大人  €8 / 子供 €5
http://www.birdparkmalta.com/


・Splash & Fun Water Park

2018/5/19~10/7
大人:€22 子供:€15
www.splashandfunmalta.com


・Mediterraneo Marine Park

料金:大人 €15.90 / 子供(4~12歳)€9.90
他にイルカと一緒に泳げるチケットもあります。
http://www.marineparkmalta.com/


・Wildlife Park Malta

金土:11:00~15:00
日:11:00~17:00
料金:大人 €15 / 子供(4~9歳)€10
金土日しかやってないし、HPもない.. ちょっとやる気のない感じの動物園。

 

【マルタ島 中部~南部】

Malta South

♦バレッタ(Valletta)
マルタの首都で街全体が世界遺産登録されており、歴史がそのまま残る街!!

・The Saluting Battery
Upper Barracca Gardens の中にあり、湾の向こう側に広がるスリー・シティーズを一望できます。

・国立考古学博物館(National Museum of Archaeology)
​建物は、かつて聖ヨハネ騎士団のプロヴァンス出身の騎士団の宿舎だったものです。
ハル・サフリエニ地下墳墓から発見された「眠れる女神」などが展示されています。


・聖ヨハネ大聖堂(St.John’s Co-Cathedral)
守護聖人ヨハネにささげられた教会で、天井には聖ヨハネの生涯18場面が描かれています。


・カーサ・ロッカ・ピッコラ(Casa Rocca Piccola)
16世紀のマルタ貴族の邸宅。ガイド付きで見学する事が出来ます。


・騎士団長の宮殿(The Grandmaster’s Palace)
かつての騎士団長の公邸で、現在は大統領府として使われています。


・聖エルモ砦(Fort St.Elmo)
オスマン帝国の侵攻に備え、聖ヨハネ騎士団が1552年に建設したもの。


・マノエル劇場(The Manoel Theater)
1731年に当時騎士団長であったマノエル・ド・ヴェヘーナによって建設された劇場で、ガイド付きでのみ見学が出来るようになっています。


・オーベルジュ・ドゥ・カスティーユ(Auberge de Castille)
スペイン・ポルトガル出身の騎士団の宿泊所だった建物で、現在は首相官邸として使われています。

♦スリー・シティーズ(The Three Cities)

・聖アンジェロの砦(Fort St.Angelo)
1565年のマルタ大包囲戦の際に司令塔として活用されました。


・ヴェデッテ監視塔(Vedette)
塔の壁には、監視の象徴である目と耳が彫刻されています。


・勝利の女神教会(Our Lady of Victories Church)
7つの鐘をもつバロック様式の教会で、聖母マリアにささげられました。
17世紀初頭に造られたといわれる聖母マリアの木像が納められています。


・戦争博物館(Malta at War Museum)
第二次世界大戦時に使われた武器や軍服などを資料と共に紹介しています。


・宗教裁判官の宮殿(Inquisitor’s Palace)
第二次世界大戦の空爆を逃れ、現在も当時の姿をとどめています。
ヨーロッパでもこれほど保存状態の良いものは珍しく、一般公開されている場所はここが唯一だそうです。


・聖ヨハネ礼拝堂(Oratory of St.Joseph)
ヴァレットが使用していた剣と帽子が、当時の姿のままガラスケースの中に納められています。


・リネーラの砦(Fort Rinella)
イタリア軍の攻撃に備え、1878年に英国軍が建てた砦で、世界最大といわれる100t砲が設置されています。ガイド付きのツアーや大砲発射などのデモンストレーションが行われています。https://www.fortrinella.com/


・聖ローレンス教会(Church of St.Lawrence)
1571年までの約40年間、聖ヨハネ大聖堂に先駆け、騎士団の修道教会として重要な存在とされていました。


・海事博物館(Malta Maritime Museum)
先史時代から現在までのの約7000年に及ぶ航海の歴史が学べます。


・英連邦海軍墓地(British Naval Cemetery)
カルカーラという街には約70人の旧日本軍兵士のお墓もあります。第一次世界大戦の時に、英国の要請で地中海へ派遣された日本人は「地中海の守り神」としてたたえられましたが、敵の潜水艦からの攻撃を受けて大破してしまいました。

♦マルサシュロック(Marsaxlokk)漁村の町 
ルッツと呼ばれるカラフルな小型漁船がキレイで特徴的なマルタ最大の漁港。
他にもロックビーチDelimara BayやSt. Peter’s Poolなどの海が人気のエリアとなっています。

・サンデーマーケット(Sunday Market)
毎週日曜日の午前中にはフィッシュマーケットやたくさんのお土産屋さんが並びます。


・青の洞門( Blue Grotto)
その名の通り青の洞窟です。
風がなく海が穏やかな午前中に行くと、より綺麗に見えるそうです。
25分ほどのボートツアーが€8で、英語でガイドもしてくれます。


・ハイポジューム地下神殿( Hal Saflieni Hypogeum )
世界遺産のハル・サフリエニの地下墳墓です。
温度と湿度を必要なレベルに保つためにも、1時間あたり10人しかツアーに参加出来ません。
時間や料金など詳しくはコチラから。
ツアーに参加する場合には事前に予約が必要です!
https://booking.heritagemalta.org/
↑コチラで空いている日・時間の確認と予約が出来ます。


・タルシーン神殿(Tarxien Temples)
​世界遺産である巨石神殿群の1つです。
​時間:月~日 / 9:00~17:00
料金:大人 €6 / 学生 €4.5 / 子供 €3
http://heritagemalta.org/museums-sites/tarxien-temples/


・イムナイドラ神殿( Mnajdra Megalithic Temples )


・ハジャーイム神殿( Hagar Qim Temple )
世界遺産である巨大神殿群。この2つは神殿群の中でも保存状態が大変良いそうです。
近年風化が進んだために巨大なテントで覆われていますが、内部の見学は可能です。
ハジャーイム神殿から5分程坂を下った所にイムナイドラ神殿があります。

南部の人気海スポット

​南部には砂浜のビーチが少なく岩場が多いですが、綺麗な場所が沢山あります。

・St George’s Bay :砂浜
中心地で唯一の砂浜ビーチ。
もともとは岩場の海岸だったのですが、海外から持ち込まれた砂を使って砂浜のビーチに変えたそうです。

・Spinola Bay :岩
LOVEのシンボルが建っている湾。

・Balluta Bay :砂
海沿いに建つ教会との景色が美しい湾。
水が汚い事もありますが、夏は泳いでいる人もいます。

・St Thomas Bay :岩場・砂浜
マルタの雰囲気がいっぱいの小さな湾。
新鮮なウニがたくさん採れる場所でもあるそうです。

・Ta Kalanka Sea Cave :岩場
St Peter’s Poolの手前にある綺麗なCave​

・St Peter’s Pool :岩場
皆が飛び込んでいるので有名な自然のプール

・Pretty Bay :岩場・砂浜
岩場と砂浜の両方があるビーチ。
観光地からかなり離れているので地元の人たちが多い。

・Blue Grotto :岩場
太陽の光と海の色で作り出す神秘的な空間。是非ボートで訪れて欲しい場所です。
ブラッド・ピット主演の映画「トロイ」にも出てきます。

レジャースポット

・プレイモービル ファンパーク( Playmobil Fun Park )
レゴのようなドイツの有名おもちゃブランドのテーマパーク
月~木・日:10:00~18:00
​金・土:10:00~22:00
Play Area入場料:大人 €1.2 / 子供 €2.4
Shop:free
http://www.playmobilmalta.com/


・The Limestone Heritage Park and Gardens
料金:大人 €9 / 学生 €6 / 子供 €3
​↓オンラインでチケットを買うと10%引きになります。
https://limestoneheritage.com/
​毎週金曜の夜(*たまに木曜日なので確認が必要!!)には、マルタの伝統の踊りと音楽・食事を堪能出来るFolklore Nightsがあります。
チケットは大人:€43.20 / 子供:€4.5で、星空の下でダンスを鑑賞しながらマルタの伝統料理をビュッフェスタイルで楽しめます。

 

 

​2,ゴゾ島・コミノ島を楽しむ

Gozo.Comino

ゴゾ島はマルタ島よりも小さく、コミノ島はゴゾ島よりも更に小さな島です。
しかし、小さいながらもどちらも魅力のいっぱい詰まった島。
​マルタ島北部からフェリーで行くか、ツアーなどを利用して島に渡ります。

ゴゾ島 Gozo

​マルタに来たら必ず訪れて欲しい島ーGozo
マルタ島とはまた違った空気感のある島です。ゴゾ島は小さい島ですが、見る所が沢山あるので,時間や日程に余裕がある方は少なくとも1泊して楽しむ事をオススメします。
観光で来ている方やあまり時間が取れない方は、ツアーに申し込みをすると効率よく、人気の観光地を回ってくれるので便利です。

ゴゾ島への行き方

1,ツアーで行く

ツアーの場合はSliemaから直接フェリーでゴゾ島へ向かいます。
​どこのツアー会社でもフェリーのルートは大差ないと思います。Sliemaからゴゾ島までは2時間くらい。
ゴゾ島の観光名所を何か所かまわって、再びフェリーに乗ってコミノ島へ。コミノ島で綺麗な海を楽しんでからまたフェリーでSliemaまで帰ってきます。

ツアーの場合にはゴゾ島内での観光手段も料金に含まれているためコスパ的には悪くないし、ゴゾ島に着いてからも無駄なく移動できる+ビールが飲み放題なのも嬉しいかな♡
でも、乗り物酔いする方は2時間フェリーなのでそこは考慮してみて下さい。

  • ネットで予約 €35~
    ゴゾ島+コミノ島ツアー 
    ゴゾ島(ゼウキジャ、シュレンディ、ラバットなど)を2時間かけて車窓観光。コミノ島では1時間の自由時間。昼食は含まれていませんが、ビール・ワインを含むドリンクが飲み放題です。

  • ツアーデスクで予約 €40~
    ゴゾ島+コミノ島ツアー 
    こちらもビール・ワイン・ソフトドリンクが飲み放題となっています。
    ​ツアーデスクによって異なる場合もあるので、詳しくは海沿いに沢山並ぶツアーデスクまで。​

​ツアーデスクのパンフレット↓
Tour-Gozo

 

2,自力で行く

自力で行く場合には、まずCirkewwa行きのバスでマルタ島北部へ向かいます。
そこからフェリーに乗ってゴゾ島へ!

*主なエリアからCirkewwa行きのバス
Valletta – Cirkewwa : 41 / 42 / 232
Sliema – Cirkewwa : 222
Airport – Cirkewwa : X1
Bugibba – Cirkewwa : 221
Golden Bay – Cirkewwa : 101 / 102

Sliema~Cirkewwaまではバスで1時間ちょっと。Cirkewwa~ゴゾ島へは約30分です。
料金は下記に詳しく載せますが、Tallinja Cardがあればバス+フェリーでゴゾ島まで€6.15で往復出来ちゃいます。
問題はゴゾ島内をどうやって観光するか!!世界遺産など見たい場所を絞って公共のバスで回るか、観光バスを使うか、レンタカーを借りてバスの時間を気にせずに回るか.. ご自分にあった方法で楽しんで下さい!

​【料金】
バス+フェリー €6.15~
バス : €1.5 (€0.75×2) +フェリー : €4.65(往復)=€6.15  Tallinja Cardあり
バス : €4 (€2×2) +フェリー : €4.65=€8.65         Tallinja Cardなし

​【フェリー運賃】
一般料金 €4.65
夜8時以降の夜料金 €4.05
↓車ごとフェリーに乗る事も出来ます↓
車+運転手 €15.70
車+運転手(夜運賃) €12.80
*すべて往復の料金で、ゴゾ島から帰る時に支払います。

​ゴゾ島~マルタ島を結ぶフェリー情報↓
http://www.gozochannel.com/en/home.htm

 

​ゴゾ島に着いてからの観光手段

ツアーの場合はゴゾ島内の観光や移動もプランに含まれているので問題ないのですが、自力で行く場合には着いてからどうやって効率よく観光するかがポイントです。​使える時間と行きたい場所を調べておいて、自分にあった方法でまわりましょう!

  • 公共のバスを利用
    ​マルタ島同様の料金システムで利用出来ます。(詳しくはコチラ
    ただ、マルタ島とは違ってバスの本数が少ない事が多いです。事前に調べておきましょう!

  • 乗り降り自由な観光用バス(Hop on-Hop off)
    1日 €18で主な観光地を回ってくれます。音声ガイドもついているので安心。
    ルートなどの詳細はコチラから→ https://city-sightseeing.com/en/64/gozo

  • レンタカーを借りる
    友達と何人かでシェア出来るのであれば​絶対レンタカーがオススメ。
    ​車のままフェリーに乗れるので、マルタ島で借りてもOK!
    ゴゾ島内の見どころを効率よく回れるし、友達とシェアすれば費用も安く抑えられます。観光バスや公共のバスが近くを通らない所もあるし、バスの時間を気にせずに観光出来るのでレンタカーがあれば本当に便利です!!

 

​主な観光名所

GozoMap
・タピーヌ教会(Ta Pinu)
奇跡の教会と呼ばれるこの教会には、いくつもの奇跡の逸話が残っています。

・シェウキーヤ(Xewkija)
ゴゾ島の中で一番古い村。

・アズールウィンドウ(Azure Window)
ゴゾ島のシンボルでしたが、2017年3月8日、風波の影響によりアーチは崩壊しました。
自然の力によって生まれ、自然の力で崩壊.. 壮大でスゴイと思う瞬間。今見に行ってもあまり素敵な景観ではありませんが、近くにBlue Holeなどもあるので訪れてみるのもいいと思います。

・Dwejra Tower&Bay
塔は1度は崩壊しましたが、完全に修復されて今では無料で公開されています。

・ソルトパン(Saltpans)
この塩田はローマ時代より使われているそうです。大粒で荒削りのゴゾ産の塩はお土産にも最適!

・Tal-Mixta Cave
​Caveから美しい海が見える場所。よくインスタグラムにも投稿されています

・カリプソの洞窟(Calypso Cave)
カリプソの洞窟ー現在は落石のため中に入ることはできません。洞窟のすぐ上の展望台から、ギリシャ神話「オデュッセイア」でも語られているラムラ湾の絶景を見ることができます。


・チタデル(The Citadel)
ゴゾ島の中心地であるヴィクトリアにある大きな要塞跡。
美しいゴゾの景観が見渡せる観光スポットのひとつとなっているが、1551年にゴゾ島が海賊に襲われ、多くの島民が連れ去られたという悲しい歴史があるそうです。

・ゴゾ大聖堂(Gozo Cathedral)​
大聖堂の天井に有名なだまし絵があります。建設当初のは天井をドーム型にする予定だったのですが、資金不足により断念しました。その代わりに天井がドームに見えるようだまし絵が作られたという事です。


・ジュガンティーヤ神殿(Ggantija Prehistoric Temple)
マルタに存在する遺跡群はエジプトのピラミッドやイギリスのストーンヘンジよりも前、世界最古のものとされています。その中で最も古いと言われているのが、世界遺産にもなっているゴゾ島のジィガンティーヤ神殿です。

お土産を買う

・Savina Creativity
・Fontana Cottage

ゴゾ島の情報・イベントはコチラから

https://www.visitgozo.com/


ゴゾ島のビーチ

・​Marsalforn Bay~Qbajjar Bay :岩場
西へ行く程アクセスが難しくなりますが、海水浴・シュノーケリング・日光浴に適したスポットがいくつかあります。Qbajjar Bayの方は水深が深いので幼い子供には適しません。

・Ramla Bay (Ramla I-Hamra) :砂浜
マルタ語で赤いビーチという意味。砂がオレンジ色で綺麗。
観光客や地元の人たちにも人気があるため、夏には混雑します。
聖母マリア像が湾の真ん中に立っています。

・San Blas Beach :砂浜
Ramla Bayと同じ赤い砂のビーチですが、急な丘を下って歩いてビーチに行かなくてはいけないので、Ramla Bayよりも静かで空いています。バスで行く場合にはNadurで降りて、San Blas Bayまで30分程歩きます。

・Dahlet Qorrot Bay :砂利
ダイビングやシュノーケリングに最適な小石のビーチ

・Hondoq ir-Rummien :砂利
ゴゾ島で最も美しいエリアの一つですが、バスでは行けないので車が必要です。

・Xlendi Bay :砂浜
高い崖や壮大な景色に囲まれた、ゴゾ島の美しいビーチ。
水深が浅いため子供でも安心。泳ぎに自信のある方は、崖の近くでシュノーケリングをする事も出来ます。

・Inland Sea :砂利
浅瀬があり、穏やかで安全。天然アーチと50メートルの洞窟によって形成された狭い開口部が地中海へとつながっています。The Azureと共に人気のダイビングスポット。​

 

​コミノ島 Comino

コミノ島は​本当にきれいな海、そして白い砂浜が広がっている島です。
ダイビングやシュノーケリングのスポットとしても有名ですが、入らずに見ているだけでも心が癒されます。
コミノ島はゴゾ島よりも更に小さい島で、1つのホテルと本当に海しかありません。そして、建物がないため日陰もないので、こまめに水分補給をして熱中症にならないように気を付けましょう!!

コミノ島への行き方

1,ツアーで行く

フェリー:Sliema→Comino
ツアーの場合はスリーマからコミノ島までフェリー1本!
しかも、昼食+ビール付きで船内にトイレもあります。

  • ネットで予約 €25
    *ビュッフェスタイルの昼食+飲み物付(ビール・ワイン・水・ソフトドリンク込み)
    *スリーマを出発して、セント・ジュリアン → カジノ → セント・アンドリュース → サリーナ・ベイ → セント・ポール・ベイを順に眺めながらコミノ島へと向かいます。

  • ツアーデスクで予約 €20
    Sliemaの海沿いを歩いていくとツアーデスクがものすごい沢山並んでいるので、そこでも予約出来ます。パンフレットには、飲み物+フェリー運賃で€20と記載がありますが、交渉したら安くしてくれました。また、どのデスクでも料金・内容が同じかは分からないので直接ツアーデスクで確認してみて下さい。

    ツアーデスクのパンフレット↓
    Tour-Comino


    2,自力で行く

    バス:Sliema → Marfa (Cirkewwa)+フェリー: Marfa (Cirkewwa) → Comino
    自力で行く場合にはマルタ島北部までバスで向かい、そこからフェリーに乗ってコミノ島へ!

    *主なエリアからCirkewwa行きのバス
    Valletta – Cirkewwa : 41 / 42 / 232
    Sliema – Cirkewwa : 222
    Airport – Cirkewwa : X1
    Bugibba – Cirkewwa : 221
    Golden Bay – Cirkewwa : 101 / 102

    ゴゾ島に行く時と同じようにCirkewwa行きのバスに乗ります。
    Cirkewwaの1つ手前のMarfaで降りましょう。5分位歩くとちょうどRiviera hotelの向いにボート乗り場があります。そこから小さなフェリーでコミノ島へ。往復で€10です。​ちなみに、フェリーはCirkewwaからも出ているので、バスはCirkewwaで降りても大丈夫です。

    【料金】
    ・バス€1.5(€0.75×2)+ フェリー€10(往復)= €11.5  Tallinja Cardあり
    ・バス€4(€2×2)+ フェリー€10 = €14           Tallinja Cardなし

    *フェリーはコチラからネットで事前に予約をすれば、10%引きの€9で買えます。HPにもありますが、自転車や膨らませた浮き輪などのかさばる物を持って行く場合には+€5の追加料金が必要です。

    コミノ島のビーチ

    CominoMap
    ・St Nicholas Bay :砂浜
    Blue Lagoonから徒歩20分程にある、シュノーケリングにも最適なビーチ。

    ・Santa Maria Bay :砂浜
    こちらもBlue Lagoonから徒歩約20分です。
    そのため、Blue Lagoonよりも人が少なくて空いています。

    ・The Blue Lagoon :砂浜・岩場
    白い砂浜にエメラルドグリーンの透き通ったキレイな海で有名&人気のスポットです。
    砂浜だけではなく、岩場もありそこではシュノーケリングも楽しめます。夏は特に混雑するので、朝早くに行って場所をとる事をオススメします。

 

タイトルとURLをコピーしました