【子育て】産後のケア

Baby

マルタで出産した後のケアやサポートは、どうなっているのでしょうか?
日本と違って入院日数が少ない分、別の方法で産後のサポートをしてくれます。
病院でキチンと説明をしてくれるので心配はいりませんが、不安な事は入院中にしっかり確認をしておくといいかと思います。
また、慣れない育児であっという間に時間は過ぎていくので、産後のスケジュールが分かっていると安心かなと思い、「マルタで出産した後」についてまとめました。

 

産後の健診/ケア

マルタでは、自然分娩で経過の問題がなければ、基本的には2日で退院となります。
(吸引分娩の場合は3日、帝王切開の場合には5日)
その代わり、退院後にミッドワイフが家庭を訪問して母子の健診をしてくれます。

  • D.L.M Home visit : 計3回。マタデーのサービスで、初回日は入院中に予約をします。
    2回目以降は、アポイントメントの日を伝えられる電話がかかってきます。
  • Health Mark Home Visit : 外部のサービスで、2回まで無料。訪問日を決める電話がかってきます。
    3回以上の訪問を希望の場合には有料になるそうです。

無料での訪問は合計5回。8時~17時までの間での訪問となり時間の指定は出来ません。
毎回3~40分程の訪問でミッドワイフが1~2人で来てくれるため、悩みや質問があれば相談出来ます。

*都合が悪い場合には日程の変更は出来ますが、その場合にも時間の指定は出来ません。

私の場合にはいつも午前中の早い時間に訪問されることが多かったです。
毎回赤ちゃんのチェックと、お母さんのお腹を押して子宮がどこまで下がってきているかなどをチェックされました。

【連絡先】時間の変更や確認などに
D.L.M Home visit : 2545 6562 / 6563
Health Mark Home Visit : 2138 5857

 

出産後のスケジュール

自然分娩にて出産した場合の実際の産後のスケジュールです。出産後の検診やワクチンについてなど、マタデーにて無料でおこなってくれるもののみ記載しています。
この他にプライベートの病院での健診に行く方や、任意でのワクチンを打ちに行く方もいます。

産後2日:
退院

3日後:ミッドワイフ訪問(1回目)
Thyroid Function Test(甲状腺機能検査)をしました。赤ちゃんの踵に針のようなものを刺しての血液検査です。
検査結果に問題があるときだけ電話がかかってきます →再検査

4日後:Breastfeeding clinic(予約/時間も指定される)
マタデーに行き、身長と体重と頭の周りを測ってもらいます。生まれてすぐには、体重しか測ってくれないため、体重以外はここで初めての測定です。測定後にそこで授乳をして帰る人が多いです。悩みがあれば授乳をしながら相談出来ます。

*初回のみ病院で予約をしてくれますが、Walk-in Clinicなので、2回目以降はいつでも好きなときに予約なしで行けます。その場合、土日は混んでいるので、平日に行くことをお勧めします。(土日だと10人は並んでいるが、平日は1~2人)

Breastfeeding Walk-in Clinic:2545 4445
身長/体重などを測ったり、母乳育児の相談
月水金日:8:00 – 12:30 / 火木:8:00 – 12:30 & 15:30 – 17:30

2週間後:ミッドワイフ訪問(2回目)

3週間後:ミッドワイフ訪問(3回目)

1か月後:1か月健診/マタデーでドクターに診てもらいます。
これは、産まれた時期によるそうで、この健診がない人もいます。

1か月半後:ミッドワイフ訪問(4回目)

2か月目頃:ミッドワイフ訪問(5回目)

2か月後:母子健診(子宮頸がん検診)+ワクチン(5in1)1回目:Floriana Health Centre
→この日程は郵便で届きます。

ワクチン(BCG):Qormi Health Centre(Chest Clinic)
→退院前に予約してくれるので、すでに日にちが決まっています。

3か月後:ワクチン(5in1)2回目
1回目はフロリアーナでしたが、2回目は自宅近くのヘルスセンターで予約をしてくれます。住んでいる場所によって異なりますので、場所は確認してみてください。

4か月後:ワクチン(5in1)3回目

1年後:ワクチン(Hepatitis B/B型肝炎)
3回目の5in1を受ける際に、このワクチンの予約を取ってくれます。

 

母子健診について(子宮頸がん検診/ワクチン5in1)

産後2か月目あたりに行われる母子健診では、まず助産師さんの問診があります。この時に、産後の母子の様子について詳しく聞かれます。訪問健診してくれる際もですが、何か問題や心配事はないかをいつも気にしてくれます。マルタでは産後鬱になる人も多く、メンタルケアをとても大事にしているように感じます。
皆親切に聞いてくれるので、何かある場合にはすぐに相談するといいと思います。

この問診には30分近くかかるので、赤ちゃんがグズるようなら母乳をあげながらでいいよと言われました。

問診が終わるとドクターに呼ばれるまで待ち「異形成~子宮頸がん」の検診です。
*子宮内の検査をするので、すでに生理が始まっている人は別日に検査になります。
子宮の検査をしている間、看護師さんが赤ちゃんをあやしていてくれました。

結果は8~10週間後に郵便で届くと言われ、次は部屋を移動して赤ちゃんの健診&予防接種です。
まずドクターが赤ちゃんの体をチェックしてくれるので、もし心配なことがあればここで聞いておいた方が良いと思います。

問題がなければ、ワクチン(5in1)の1回目です。
Diptheria, Tetanus, Pertussis, Polio, Hib(ジフテリア、破傷風、百日咳、ポリオ、ヒブ)の5種混合の予防接種で、1か月毎の計3回ワクチンを受けに行きます。
*この時に、ワクチン(5in1)の2回目の予約をとってくれます。家の近くにヘルスセンターがある場合には、そちらを優先して予約してくれます。

副作用で熱が出るかもしれないなどの説明を受け、赤ちゃんの太ももに注射をされます。
Baby bookに記録してもらいこの日は終了です。ここでは、予防接種のみで体重や身長などは測ってもらいませんでした。

私は、母子健診とワクチン(5in1)の日にちが同じで時間も近かったのですが、予約表は別々に届いたので、別日になる場合もあるかと思います。




 

 

 

母乳育児について

健診などの際には、必ず母乳かミルク育児なのかを聞かれます。
Parent Craftでも説明されるのですが、マルタでは母乳育児中でもカフェインやアルコールを完全に禁止するようには言われません。逆にビールの麦芽が母乳の出を良くするので、飲んだ後に2時間以上あければグラス1杯位は飲んでもよいと言われました。
方針は人それぞれかと思いますが、母乳が出なくて困っている場合には1つの選択肢として、ノンアルコールビールや度数の低いビールを飲んでみるのもいいかもしれません。また、お母さんの食べたものが母乳に含まれるので、健康的な食事を心がけるように言われます。
母乳育児用のサプリメントも売っているし、なにか心配ごとがある場合には、母乳クリニック(Breastfeeding Walk-in Clinic)にて相談に乗ってくれます。

この母乳クリニックでは、身長/体重/頭の周囲を測ってくれるので、粉ミルクにて育児をしていても、赤ちゃんの成長をはかるために訪れる事が出来ます。

 

連絡先一覧

必要な連絡先の一覧です。実際に連絡が必要になるのは一部ですが、色々なサポートもしてくれるので、こんなクリニックもあるということを知っておくといいと思います。

  • D.L.M Home visit : 2545 6562 / 6563 助産師訪問①
  • Health Mark Home Visit : 2138 5857 助産師訪問②
  • Breastfeeding Walk-in Clinic:2545 4445 母乳クリニック
  • Paediatric Outpatients Department:2545 4520 / 4521 小児科外来
  • Paediatric Emergency:2545 3700 小児救急
  • Vaccination Clinic:2468 0222 予防接種クリニック
  • Tabacco Quitline Freephone:8007 3333 タバコを止めたい人に
  • Perinatal Mental Health Clinic:2545 7410 産後鬱などの出産に関する精神科クリニック
  • Practice Mental Health Midwife:2545 7410 / 7970 1767 
  • Accident & Emergency (Ambulance Call) 112

 

 

保育園

マルタには、Government schemeという政府認可の保育園があります。マルタで仕事をして税金を納めていれば、働いている時間数などに応じて子供を保育園に無料で預けることが出来ます。
立地や保育園の雰囲気などで決める方が多いようですが、人気の保育園は早めに申し込みをしないと先まで埋まっている事が多々あります。子供が生まれてからだとなかなか時間がとれないという理由もあり、妊娠中から保育園の見学に行く人もいます。
預ける予定のある方や、希望の保育園がある場合には、早めに見学や申し込みに行くことをおすすめします。

 

 

母子手帳(Baby Book)/赤ちゃんのIDカード

出産後の病院、もしくはワクチンを受けに行くタイミングでBaby Book(Child’s Health Record)という薄い本をもらいます。日本でいう母子手帳のようなもので、接種したワクチンや身長/体重などの記録をしていきます。
このBaby Bookの1番最初のページに、赤ちゃんのIDカードの番号が記載されています。14歳になれば、カードが届くようなのですが、それまではこのBaby Bookに記載されているIDカード番号がカードの代わりに必要になります。

 

 

産後に使う英語

Cradle cap:乳痂(にゅうか)/新生児頭部皮膚炎。乳児脂漏性湿疹の症状の一つ
Blocked Tear Duct / Blocked Lacrimal Duct:涙小管のつまり
Clogged Duct:おっぱいのつまり
Engorged Breast:乳房がパンパンに張る
Mastitis:乳腺炎
Sore nipples:乳首の炎症・裂傷
Blocked Nose:鼻づまり
Thrush:真菌感染症(口腔こうくうカンジダ症)乳児の舌や歯茎に白い斑点が出来る
Infant Eczema/Baby Eczema:乳児湿疹
Lympatic gland:リンパ腺
Thyroid gland:甲状腺
Jaundice:黄疸
Cord(Umbilical cord):へその緒
Nappy rash:オムツかぶれ
Heat rash:汗疹
Stools:うんち
Diarrhea:下痢
Colic / Constipation:便秘
Vaccines:ワクチン/予防接種

Comments

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました